メイン コンテンツへスキップ

Uber で運転するときの安全に関するヒント

正しい乗客を乗せる方法からサポートを求めるタイミングなど、Uber で安全にサービスを提供するための方法をご紹介します。

乗客向けの情報をお探しですか? 乗客の安全のためのヒントをご覧ください。

ドライバーの安全のためのヒント

Uber は皆様が安全に利用できるようサービスを開発していますが、ドライバーの皆様ご自身が行えることもあります。これらのヒントは、Uber での乗車中に危険から身を守るため、法執行機関の監修の下作成されています。

1. 乗客を確認する

Uber の乗客には、ナンバープレート、車両のメーカーと車種、ドライバーの写真がアプリに表示されたものと合っていることを確認することが求められています。ドライバーも乗客が乗車する前に、ドライバーである自分の名前を乗客に確認してもよいでしょう。

2. 運転に集中する

常に周りに注意し、道路から目を離さず、居眠り運転しないように必要に応じて休憩を取りながら、安全運転を心がけます。運転中のメール送信はほとんどの州および国で違法です。危険な脇見運転を避けるため、ホルダーを使ってスマートフォンを見やすい位置に固定することをお勧めします。

3. 個人情報を保護する

Uber は、アプリから乗客に電話をかけたりメッセージを送信したりする際に電話番号を匿名化する技術を使用しており、ドライバーの電話番号が乗客に通知されることはありません。*

4. 乗客に後部座席に座ってもらう

乗客が 1 人の場合は、後部座席に座っていただくことをお勧めします。後部座席に座ると車の両側のドアを利用できるため、交通量の多い道路を避けて安全に降車できます。また、ドライバーと乗客の間に適度なスペースを作ることができます。

5. シートベルトを締めるよう声を掛ける

乗客を乗せたら、まずシートベルトを締めるよう乗客に声を掛けましょう。多くの場所ではシートベルトの使用が法律で定められているため、ご自分のシートベルトも忘れずに締めてください。

6. 歩行者や自転車に注意する

歩行者や自転車には常に目を光らせましょう。乗車場所や降車場所で停車する際や、夜間の運転時には特に注意が必要です。

7. 適法な降車場所に停める

乗客の降車は、バス乗降ゾーンや、自転車専用道路の通行を妨げずに停車するスペースがある場所など、安全で一時停止が許可された場所で行ってください。法律を遵守するために、お住まいの地域の法律を知ることが重要です。

8. 直感に従う

Uber の配車サービスをご利用の際は、ご自身の直感と経験を信じて慎重に判断してください。緊急事態だと感じたときは、アプリの緊急ボタンでサポートを求めることができます。また、身の危険を感じた場合はいつでも乗車サービスを終了できることに留意してください。

9. 礼儀正しく接する

常に安全で礼儀正しく、快適なサービスを提供するために、

Uber' はコミュニティ ガイドラインを設定しております。このガイドラインを守り、安全で快適なコミュニティを作り上げるために協力することが全員に求められています。

10. フィードバックを寄せる

ご乗車の後、アプリの [ヘルプ] セクションから乗客を評価し、コメントを残すことができます。ご乗車中に安全に関わる問題が発生した場合は、アプリから Uber にご連絡ください。24 時間年中無休の安全対策チームが問題を調査します。

また、ご乗車時にアプリで盾のアイコンをタップして Uber の安全ツールにアクセスし、必要なときにいつでもサポートを受けることができます。

乗車をすべての人にとって安全なものにする取り組み

Uber の安全性についての詳細はこちら

ドライバーの安全

Uber is committed to driver safety. Learn how safety is built into the Driver app and driver experience, from insurance coverage to in-app support.

Uber の安全への取り組み

Uber はすべての人にとっての安全を重視しています。アプリの機能などを通して、乗客とドライバーの立場から安全を守る Uber の取り組みについてご説明します。

乗客の安全

毎日数百万もの配車リクエストが行われています。乗客一人ひとりが、アプリに組み込まれた安全機能を利用できます。そしてすべての乗車サービスで、必要なときにサポートを受けることができます。

*この機能が停止した場合、電話番号が匿名化されない可能性があります。