メイン コンテンツへスキップ

安心して乗車する

Uber のプラットフォームは安全性を重視して開発されました。アクシデント防止機能、保険による補償、常に接続状態を維持するテクノロジーを通して、安全に移動し、最も重要なことに集中していただくためのサポートに取り組んでいます。

安心してサービスをご利用いただくために

ドライバー審査

米国内のドライバー登録希望者は、Uber に登録する前に身元確認を完了する必要があります。既存ドライバーは毎年継続的に審査を受けています。

ドライバーの安全を守るさまざまな機能

すべての乗車で、簡単にアクセスできる安全機能やサポートをいつでもご利用いただけます。

誰もが参加できるコミュニティ

都市や安全関連の専門家と連携し、乗客一人ひとりが安心して移動できる環境づくりに取り組んでいます。

安全性は Uber の基本です

アプリにはさまざまな安全機能が搭載されています。深夜の帰宅でも安心してサービスをご利用いただくための機能や、位置情報をご家族やご友人と共有できる機能、また緊急時のサポートなどを備えています。*

緊急サポート ボタン

緊急時にアプリ内のボタンから通報し、必要なサポートを受けることができます。その際、アプリに現在位置と乗車の詳細が表示されるので、必要な情報をすばやく伝えられます。

緊急時のための年中無休サポート

安全にかかわる緊急の事態には、専門訓練を受けたカスタマー サポートがご対応します。

乗車中の位置情報をシェアする

信頼できる連絡先を設定し、リマインダーを作成して乗車状況をご家族やご友人とリアルタイムで共有することができます。

安全ツール

Uber で配車を依頼する際は、1 か所にまとめられた Uber アプリの安全機能をいつでも利用できます。

相互評価システム

Uber にとって皆さまのご意見はとても重要です。低評価を受けた乗車は記録され、そのユーザーは削除される場合があります。

GPS による追跡管理

Uber プラットフォームでの配車サービスはすべて GPS で追跡管理されています。

電話番号の匿名化

アプリにより電話番号が匿名化されるため、個人情報の漏えいを防ぐことができます。

乗車中の報告

乗車中、安全に不安を感じた場合は、相手に気づかれることなく即座に Uber に報告できますご乗車後に安全対策チームのメンバーが折り返しご連絡し、サポートいたします。

すべての乗車が保険の適用対象に

Allstate、Farmers®、Liberty Mutual、Progressive などの大手自動車保険会社により、対象となる事故が発生した場合に補償を受けることができます。

乗車時には必ず事前確認を

車に乗る前に、アプリでドライバーの情報をもう一度確認してください。次の 3 つの手順に従い、車が正しいことを確認してください。

ステップ 1:

ナンバー プレートの番号を確認します。

Step 2:

車のメーカーとモデルを確認します。

ステップ 3:

ドライバーの写真を確認します。

コミュニティの強化

Uber コミュニティのガイドラインは、Uber のサービスをより快適で、多様性を推進するものにするために設けられています。ガイドラインに違反した場合は、Uber プラットフォームを使用できなくなる可能性があります。

すべての人に安全なサービスを

Uber の安全への取り組みは、乗車中のことに限りません。他の有力な組織と連携して、より安全な道路環境と、よりよい都市づくりに向けた活動を行っています。

安全諮問委員会の意見を重視

Uber は、安全とセキュリティ、女性の安全、人権、交通安全などの分野において第一線で活躍する専門家の協力のもと、新たなプロセスと機能の開発を進めています。

公共安全機関との連携

Uber は法務執行機関の元職員をメンバーとする調査チームを設けており、必要に応じて公共安全機関に迅速なサポートを提供する体制を整えています。

災害発生時の支援活動

Uber は政府関係者や赤十字社などの組織と連携して現地の支援活動をサポートしています。

安全について

ドライバーの安全

好きな時に、好きな地域で安全に働きましょう。

Uber の安全への取り組み

すべてのドライバーには安全に移動し、収入を得る権利があります。

*一部の要件および機能は地域によって異なり、ご利用いただけない場合があります。