メイン コンテンツへスキップ

組織運営の手間をシンプルにするオールインワン型ソリューションです。

空港への移動、クライアントの送り迎えなど、さまざまな場面に対応する乗車オプションを簡単に作成できます。

ダッシュボードで従業員の乗車方法を決定したら、後は Uber アプリにお任せください。従業員は「ポリシー外の乗車かも?」と不安になることも、領収書を突き合わせて経費を申告する作業も必要ありません。

  • Simplify your team's ground transportation and easily manage their work trips with Uber for Business.

    詳細はこちら
  • 従業員の方々が快適に自宅や職場に移動できる通勤プログラムを作成しましょう。

    詳細はこちら
  • オフィスで皆に喜ばれる料理を提供しましょう。ビジネス用 Uber Eats から手配できます。

    詳細はこちら
1/3

Uber のバウチャーであらゆる規模の配車サービス費用を柔軟にカバーできます。必要に応じてきめ細かい顧客対応が可能になります。

  • Uber Central で顧客やゲストのために配車を依頼して、目的の場所までお送りすることができます。

    詳細はこちら
  • Enhance customer service and drive repeat business with Uber Vouchers. Keep your customers coming back again and again by giving them a voucher to cover the cost of their rides with Uber.

    詳細はこちら
  • Uber バウチャーを提供してイベントの行き帰りを快適に過ごしていただけます。Uber の乗車料金をカバーすることで、ゲストが次の機会にも来場したくなる環境を整えることができます。

    詳細はこちら
1/3

非効率的で時間のかかる経費処理は過去のもの。経費報告書当たり 58 ドルの節約を実現できます。*より複雑化するニーズに合わせて、ビジネスの移動手段を柔軟に拡張できます。

"経費報告書が企業に与える負担の実際 (How Much Do Expense Reports Really Cost A Company?)" Global Business Travel Association (国際ビジネス トラベル協会)、2015 年 11 月 11 日

ディーン ヤマシタ氏、ホテル アンジェレノ (ロサンゼルス)