メイン コンテンツへスキップ

誰に対しても敬意をもって接する

誰もが支えられ、歓迎されていると感じられることが Uber の理想です。その理想に基づき、身体的接触、性的暴行や不適切行為、脅迫的で乱暴な言動、不必要な接触、差別、物的損害に関する基準を定めています。

Uber のいずれかのアプリを使用中に、交流する人と不必要な身体的接触をしてはいけません。他者を傷つけること、または苦痛を与えることを意図した行為は一切容認されません。

性的暴行および性的な不適切行為は、いかなる形においても禁止されます。性的暴行および性的な不適切行為とは、相手の明確な同意を得ずに行われる性的な接触または行為を指します。

適度な距離感とプライバシーを尊重することが重要です。次のリストは不適切行為の例を示しています。ただし、すべてを網羅したものではありません。

  • 人に不快感を与えるような行為や発言は容認されません。例として肘などでつつく、口笛を吹く、ウインクなどが該当します。知らない人物の身体に触れる、誘惑するなどの行為は慎んでください。
  • 悪意のない発言と思っていても、相手にとっては不快ということもあります。外見、性別の受け止め方、性的指向についての意見は控えてください。「付き合っている人はいますか」など、不必要に立ち入った質問も慎みましょう。 自分や他人の性生活に関する話題、露骨な言葉の使用や性的なジョークは避けてください。
  • Uber は性的行為を禁止するルールを定めています。配車または配達サービスを行っている間を含め、Uber アプリを使用している間の性的接触は禁止されます。詳細については、こちらをご覧ください。

攻撃的、対立的、暴力的な行為は禁止されています。冒とく、脅迫、または不適切とみなされる言葉やジェスチャーを使用しないでください。宗教や政治理念など、個人によって意見が分かれる可能性のある個人的な話題には、なるべく触れないほうがよいでしょう。

忘れ物に関する Uber のサポート手続きで必要となる場合を除き、配車や配達のサービスが完了した時点で連絡を終了する必要があります。配車や配達が完了した後の不要な連絡は迷惑行為とみなされることがあります。これにはメールの送信、電話、ソーシャル メディアでの接触、訪問、直接会うことを求めるなどの行為が該当します。

常に安全で受け入れられていると感じられる環境は誰にとっても重要です。そのため、Uber は差別的な行為や言動を容認しません。年齢、肌の色、障害、性同一性、婚姻状況、出身国、人種、宗教、性別、性的指向などの特性を理由とした個人に対する差別は禁止されています。

物的損害は決して認められません。一部の例として、車、自転車、キック スクーター、アプリから依頼したその他の移動手段の損傷、電話やタブレットの損傷または破壊、意図的に飲食物をこぼす、車内での喫煙、過度のアルコール消費などによる嘔吐が該当します。所有物に損害を与えた場合、通常損耗を除いて清掃料金および修理費用を支払う責任があります。

お互いの安全を守る

法律を守る