Please enable Javascript
メイン コンテンツへスキップ

データを利用して、計画の立て直し、考え方の見直し、行き詰まりの回避に役立てる

優れた都市を計画するには、優れたデータが必要です。Uber は、世界中の 1 万を超える都市で乗車データを収集しています。ぜひこのデータをご利用ください。都市計画を担当される方は、Uber Movement に参加すると、Uber の集計データをご利用いただけます。これは、情報に基づいて都市に関する意思決定を行うのに役立ちます。

Uber の貢献

Uber、政策・都市・交通担当ディレクター、Shin-pei Tsay

都市計画担当者はデータを利用できるようになることで、未来の都市を設計するためのリソースをこれまで以上に確保できます。その結果、誰にとってもより機能的かつ効率的で、快適な都市が実現します。

Uber のデータを活用すると、都市における交通手段への需要の高まりや緊急事態の発生に応じてより柔軟に計画を立てて対処することができます。これは、ワシントン メトロの運転停止などがあった際に、通勤者がスムーズに移動できるようにすることを目的としています。

2016 年 10 月、Uber と Infrastructure Partnerships Australia (IPA) が協力して IPA Transport Metric を開始しました。この取り組みでは、Uber Movement のデータのみを使って主要都市における人の移動を測定し、有用な知見を提供します。

Cincinnati Mobility Lab は、この地域の生鮮食料品の入手難易度を評価しています。移動時間 (生鮮食料品の入手状況を調査する際の重要な指標) を測定したデータは、フード デザート問題や健康的な食事を入手する方法についての話し合いでご活用になれます。