Please enable Javascript
メイン コンテンツへスキップ

再出発のチャンスへの道

犯罪歴があることによって、雇用の機会を奪われるのは仕方がないことなのでしょうか?

Uber の回答は「いいえ」です。米国では、7 千万人以上に犯罪歴があり、犯罪歴を持つ人が雇用され自立した生活を送るのは困難な状況にあります。 Uber は、企業や政策立案者によって広がりつつある活動に参加し、再出発のチャンスの提供に積極的に取り組んでいます。

Uber の貢献

犯罪を繰り返さないためのサポート プログラム

Uber は、社会復帰を望み、その権利を持つすべての人々にチャンスを提供するための取り組みをサポートしています。

身元確認に対する Uber の姿勢

多くの雇用者は、就職希望者に犯罪歴があるかどうかを尋ねるため、応募書類に質問欄を設けています。Uber では、こうした質問欄を設けていません。Uber は、社内の雇用慣行を見直して偏見を減らし、職場での公正な機会を確保することを他の企業にも推奨しています。

支援の誓約

2016 年には、犯罪歴を持つ人々の障壁を取り除くために、テクノロジー、小売、金融、飲食料品業界の 200 社を超える企業とともにオバマ政権に協力し、Uber はホワイトハウスの公正な採用選考を推進する企業の誓約書に署名しました。

ストーリー

1 回の過ちで生涯、罰を背負い続ける必要はないはずです。Uber では、最も必要としている人たちに機会を提供できるように、コミュニティで積極的に取り組んでいます。都市での信頼のおける乗車についても、月末に請求書を支払うことができるようになることについても、すべての人に同じチャンスがあるべきです。Uber での機会がどのような意味をなし、その機会により暮らしがどのように好転したかを直接目にしてきました。

母親、祖母、支援者

イングリッドさんは、母親であり、祖母でもあります。非暴力犯罪により刑務所に収監された後、早期に釈放されたイングリッドさんは、現在ロサンゼルスで過去に収監歴を持つ人々の再出発を積極的に支援しています。イングリッドさんは、Uber のドライバーでもあります。

「仕事をしたいと思っていましたが、子供の世話でいつも忙しくしています。こんな状況でも時間を見つけて働けることを嬉しく思っています」

現代の起業家

ダリントンさんは、不動産のセールスマンであり、Uber のドライバーでもあります。これまでに数千回もの配車サービスを提供し、乗客から常に高い評価を受けています。刑務所に収監された後、不動産の資格を取得するまでに数年を費やしました。ダリントンさんだけではありません。過去の過ちが社会復帰の障壁となり苦しんでいる人は、全米で数百万人にのぼります。調査によると、どのような種類であろうとも過去に有罪判決を受けた人が雇用される可能性は 50% 減少します。

"再出発のチャンスを与えてもらうことで、自分の実力を証明できます。"

コミュニティへの支援

  • 社会復帰支援フェア

    Uber は、全国の社会復帰支援フェアのサポーターです。Uber は、ロサンゼルス市長のエリック・ガーセッティ氏'が設立した雇用機会均等化を目指すブルーリボン コミッションと、米国の各地で開催された Dave's Killer Bread Foundation の社会復帰サミットに参加しました。

  • その他の社会復帰サポート

    Uber は、A New Way of Life Annual Gala のスポンサーでもあり、ロサンゼルスの公正雇用機会促進条例の可決を支持し、社会復帰の重要性の認識を広めるために Californians for Safety and Justice と提携しています。

  • 意見交換会の改革

    Uber は、刑事司法の改革への戦略について、大統領府の複数の職員と協議し、支援者、選出された超党派の役人、外部の企業と協力して取り組んでいます。

1/3