Please enable Javascript
メイン コンテンツへスキップ

Uber ヘルスで医療サービスをより身近に

医療関連団体・企業のお客様は、Uber のテクノロジーを使用して、SDH (健康に関する社会的決定要因) を解決し、経営効率を高めています。

大規模な展開が必要な場合は、お問い合わせください。

医療関連団体・企業のお客様によるご利用例

  • 患者と介護者の送迎

    ヘルスケアのプライバシーを念頭に置いて構築されたサービス ライド テクノロジーで、予約の取り逃しを減らし、患者対応能力を向上させます。

  • 医療従事者の通勤

    従業員の自宅からオフィスまで

    の往復の乗車を助成することで、従業員の通勤と、患者の駐車スペース確保を実現できます。
  • Uber Direct API やダッシュボード と統合することで、処方薬や医療用品の即日配送が可能になります。

  • 食事の配達

    食事の配達、食事券、またはスーパーなどへの交通を提供することにより、食糧不安への対処を支援します。

  • NEMT ネットワークの拡大

    Uber ヘルス との連携で、非緊急医療輸送 (NEMT) ネットワークを拡大し、医療関連団体・企業の皆さまの信頼性の高い患者輸送を実現します。

  • 臨床試験

    クリニックへの無料送迎を行うことで、臨床試験参加者の採用と定着率を向上します。

  • 高齢者の主体性

    運転ができなくなった住民に交通手段を提供します。スマートフォンを利用できない方でも、簡単に配車を依頼できます。

1/7

医療サービスを支えるという誇り

  • MedStar Health では、Uber ヘルスを利用して配車サービスを提供することで直前のキャンセルが減少し、予約受診率が 5~10% 向上しました。

  • Uber ヘルスが Ambulnz と提携したことで、医療機関が患者のために非緊急医療輸送サービスを簡単に依頼できるようになりました。

  • Adams Clinical では、Uber ヘルスを利用して無料の配車サービスを提供することで、治験参加患者の維持率が 20% 向上しました。

  • NimbleRx は処方せんをオンデマンドで配達するサービスの提供範囲を広げるため、Uber と提携しました。

  • LBFE では、Uber ヘルスで高齢者の外出しやすさが大きく向上し、自立した生活を取り戻すことに成功しました。

1/5

患者の利便性と医療機関の収益の向上

HIPAA に対応

Uber ヘルスのダッシュボードは、機微データを扱う医療機関専用の仕様となっているため、患者の情報をあらゆる段階で保護できます。

スマートフォンが不要

スマートフォンや Uber アプリを利用できない患者には、テキスト メッセージまたは固定電話への連絡で乗車の詳細を知らせます。テクノロジーが受診の妨げになることはありません。

コスト削減

受診率の向上から高額な送迎サービスの置き換えまで、Uber ヘルスを活用することで初日からコストを削減し、業務効率を上げることが可能になります。

お知らせ

Uber ヘルスと NimbleRx の提携

Uber ヘルスと Nimble プラットフォームの直接連携により、迅速な配達サービスを利用して処方せんを自宅で受け取ることを消費者が選択できるようになりました。

Uber ヘルスが 25,000 回分の配車サービスを寄付

Uber ヘルスは、米国で新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) から回復した多くの人々を動員し、血しょうを寄付する活動を支援する「The Fight Is in Us」キャンペーンに参加します。

Uber のヘルスケア担当者がいつでもサポートします