メイン コンテンツへスキップ

安全を守る Uber の取り組み

誰もが利用できる快適で安全なサービスを提供するための革新的なテクノロジーを導入し、ドアツードアの安全基準を再設定しました。

安全性の水準を高める

テクノロジーを適応

Uber は、GPS を使用してコースを外れた走行を検出する追跡機能や、フェイス カバーの着用を確認するツールなど、安全を守るためのアプリ内機能を開発しています。

乗客とドライバー相互の説明責任

乗車の前に、乗客とドライバーはフェイス カバーの着用や手洗いなどの予防措置を講じていることを必ず確認する必要があります。

安全のための連携

Uber は Concur Locate および International SOS との連携により、リスク管理をサポートします。

あらゆる状況で安全を守る

フェイス カバーまたはマスクの着用を義務化

米国、カナダ、インド、ほとんどのヨーロッパと中南米の国では、運転または乗車の際、乗客およびドライバーはフェイス カバーまたはマスクを着用する必要があります。Uber のテクノロジーにより、ドライバーがマスクを着用していることを確認します。

Concur Locate と International SOS との連携

Uber は従業員の方のリスク管理および安全コミュニケーションの高度なソリューション サービスのプロバイダーと連携しており、管理者の方は従業員の方がどこにいてもすばやく連絡できます。

すべての乗車が補償対象

米国のドライバーは乗客を乗せて運転している間、Uber がドライバーに代わって加入している 100 万ドル以上の商用自動車賠償責任保険の補償対象になります。

すべてのドライバーの身元確認を実施

すべてのドライバーは、Uber での配車サービスを開始する前に犯罪歴と運転歴の審査を受け、毎年再調査を受けます。*

すべての人に安心してご利用いただくために

Uber は、ご利用いただいている方すべてのコミュニティ (乗客、ドライバー、配達パートナー、企業) の安全性の向上に継続的に取り組んでいます。

  • 乗車前の安全チェックリスト

    乗車の前に、乗客は必ずフェイス カバーの着用、手洗いまたは手指の消毒などの予防措置を講じていることを確認する必要があります。Uber では乗客に後部座席のご利用をお願いしています。

  • アプリ内の安全ツール

    アプリで乗客とドライバーが安全に関する重要な情報に簡単にアクセスし、緊急サポートにすばやく連絡し、位置情報を共有できる専用の場所です。

  • RideCheck

    RideCheck はセンサーと GPS を使用して、通常とは異なるコースの走行、予期しない長時間の駐車、事故が発生した可能性を検出し、確認してサポートを提供する機能です。

1/3

ビジネスに欠かせない移動をいつでもサポート

* ニューヨーク市では、タクシー リムジン委員会によって運転歴の審査が行われます。毎年の審査プロセスは、裁判所の開廷と運営に依拠しています。新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響により、これに当てはまらず、定期的な審査が延期される場合があります。