Please enable Javascript
メイン コンテンツへスキップ

従業員に好まれるビジネス用プラットフォーム

従業員がビジネス用 Uber を利用して乗車したり、料理を注文すると、時間を節約して有効に活用できます。

Uber が従業員に好まれる理由

  • ビジネスとプライベートの使い分け

    従業員様は、Uber アプリと Uber Eats アプリでビジネス用プロフィールに切り替えることで、仕事用と個人用の請求を簡単に振り分けられます。

  • 経費処理を効率化

    SAP Concur や、その他の経費管理サービスとの連携により、領収書が自動的に転送されます。

  • 世界中で同じアプリを使用できる

    Uber と Uber Eats は 45 か国以上で利用できるため、チームで乗車を依頼したり、仕事用の食事を注文することができます。

1/3

会社のアカウントに従業員様をリンクするのは簡単です

  • 1.会社のアカウントに従業員様を招待する

    最初に、従業員様は会社のアカウントに参加するための招待を受け取ります。既に Uber アプリを使用されている場合、アプリを再度ダウンロード、または新しいアカウントを設定する必要はありません。

  • 2.従業員様は自分のアカウントを有効にします

    従業員様はモバイル機器でメールを開き、招待状を検索してメール内のアカウントを有効にする をタップ します。

  • 3.従業員様がアカウントに登録します

    次に、自動的に移動した Uber アプリ内で、 アカウントに登録するをタップし、手順に従って [お支払い方法] として会社のカードを追加します。

1/3

「従業員の一部が運転に費やした時間を考えると、Uber を利用することで時間を大幅に節約でき、不満もずっと少なくなりました」

Perficient 出張・経費管理マネージャー、Mattie Yallaly 氏

よくあるご質問

  • 従業員を会社のアカウントに招待すると、ビジネス用プロフィールの作成手順が記載されたメールが従業員の受信トレイに届きます。

  • 従業員様は、Uber アプリの [ウォレット] セクションから、または Uber Eats アプリの[ビジネス用の設定]セクションでビジネス用プロフィールを作成して、仕事と個人の取引を分けて便利に活用できます。

  • 現在、Uber のプラットフォームは Certify、Chrome River、Expensify、Expensya、Fraedom、Happay、Rydoo、SAP Concur、Serko、Zeno、Zoho Expense と統合されています。

  • Uber アプリは 6 大陸の 60 を超える国で利用できます。利用可能な地域の一覧は、こちらでご覧いただけます。Uber Eats がお住まいの地域や旅行先で利用可能かどうかを確認するには、こちらをクリックしてください。

ビジネスに移動はつきものです。お気軽にお問い合わせください。