メイン コンテンツへスキップ

前進するために構築されたプラットフォーム

ビジネス用 Uber を利用して、仕事での移動や従業員の食事の方法を変革しましょう。

従業員と顧客のニーズに対応する単一のプラットフォーム

  • ビジネスでの移動

    タップするだけで、世界中の 60 か国を超える国でチームのメンバーが配車を依頼できます。権限の設定や支出の確認は簡単に行えます。

  • 料理の配達

    予算とポリシーを管理しながら、従業員とお客様に 40 万軒を超えるレストランから注文していただけます。

  • 通勤プログラム

    オフィスへの往復の乗車を補助して、従業員の通勤をサポートしましょう。新しい安全基準が導入されました。また、簡単に場所、時間帯、予算に制限を設定できます。

  • 顧客への配車サービス

    バウチャーをご提供して、お客様とゲストの目的地への移動をサポートしましょう。Uber Central ダッシュボードで配車を依頼することもできます。

  • 地域での配達

    Uber Direct を利用して、自社やお客様のために地域のオンデマンドの配達を依頼できます。配車の依頼と同じくらい簡単で迅速です。

  • 顧客の獲得

    バウチャーは店舗を訪れるお客様を増やせる優れたプロモーション ツールです。また、お客様に感謝の気持ちを伝えることもできます。

1/6

ビジネス用 Uber プラットフォームの仕組みを見る

管理しやすいツール

Uber Central による配車サービスの計画と提供

Uber Central ダッシュボードを使用すれば、スマートフォンをお持ちでないお客様やゲストのためにも配車を依頼できます。

乗車と食事をバウチャーで会社負担に

料理の注文や目的地への移動に使用できるバウチャーを提供して、新規顧客にアプローチし、従業員の士気を高めることができます。

ビジネス ハブでプログラムを作成

チームのメンバーをビジネス用アカウントにリンクして、カスタマイズされた出張、食事、通勤プログラムに招待しましょう。

Uber プラットフォームのビジネスへの活用事例

Ryder は、Uber の API との統合により 10 万回以上の配車を顧客のために依頼し、スタッフの時間と労力をより適切に割り当てることができるようになりました。

ゴールデンステイト ウォリアーズはビジネス用 Uber と提携し、チェイス センターでのファンへのサービスを向上させる革新的な方法を見つけました。

Twenty Four Seven Hotels では、従来のシャトル サービスではなくビジネス用 Uber を利用して配車を依頼し、ゲストの方々に強い印象を残しました。

時間と経費を削減する高度な機能

プログラムをカスタマイズ

曜日、時間、場所、予算に基づいて乗車と食事の制限を設定します。また、チームのメンバーは単一の企業アカウントまたは自分自身のカードを請求先にできます。

経費処理を自動化

SAP Concur などの大手の経費管理ソフトウェア プロバイダーとの統合により、経費処理を自動で行えます。従業員が領収書との突き合わせを行う必要はありません。

詳細なデータを得る

チームの支出と使用方法を明瞭に把握できるため、プログラムを細かく調整して純利益を改善できます。

ビジネスに欠かせない移動をいつでもサポート