Please enable Javascript
メイン コンテンツへスキップ

会社概要

移動: これが私たちの仕事です。それは私たちにとって不可欠です。それは私たちが大切にしているものですそれが私たちが、毎朝起きることが出来る理由です。もっと要領よく移動できる方法について、いつも新しいアイデアを練りつづけています。皆様のために。あなたが行きたいすべての場所に向かって。あなたが手に入れたいものすべてに向けて。あなたが収入を得るためのすべての方法に向けて。世界中どこにでも。リアルタイムで。現在では信じられないスピードで。

  • それが私たち、Uber です。結果を勝ち取りに行きます。人々がどこへでも移動でき、あらゆるものを手に入れる手助けという使命の達成に向け、全力を尽くしています。移動 - これが私たちの仕事です。私たちの存在意義です。私たちが大切にしているものです。毎朝起きるその理由です。もっとうまく移動できる方法について、いつも新しい構想を練りつづけています。皆様のために。行きたい場所すべてに向かって。手に入れたいものすべてに向かって。収入を得るためのすべての方法に向かって。世界中どこででも。リアルタイムで。現代の驚異的なスピードで。

    私たちは、物理的な世界とデジタルの世界をつなぎ、あらゆる場所ですべての人のために、ボタンを押すだけで移動を実現するテクノロジー企業です。それは、私たちは全ての人が、平等に移動を利用できる世界を信じているからです。そうすると、安全に移動できるようになります。私たちの地球にとって持続可能な方法で実現します。性別、人種、宗教、性的指向を問わず、私たちは皆様の自由な移動の権利を大切に考えています。もちろん、間違ったことはなかったとは言えないかもしれません。それでも、私たちは失敗を恐れません。失敗の中から学んでこそ、向上し、知恵を積み、より強くなることができるのです。そして、私たちは利用者の皆様、プラットフォームで収入を得ている方々、地域社会や都市、そして驚くほど多様な国際パートナーと共に、正しいことを実現するためにこれまで以上に努力していきます。

    Uber のアイデアは、2008 年、パリで雪の降る夜に生まれたものです。それ以来、私たちの再構築と再発明の DNA はずっと引き継がれています。私たちは、人と物を日々多様化する方法で移動させるグローバル プラットフォームへと成長しました。4 輪の乗車から 2 輪の乗車、18 輪の貨物配達へとサービスを拡大してきました。お持ち帰りのお食事から毎日の必需品、処方薬まで、いつでも必要なものがすべて揃っています。ドライバーの身元確認からリアルタイムの認証、車内での技術検証まで、Uber では日々さらに安全なサービスを提供しています。Uber において、再考の追求は決して終わることはなく、止まることはなく、すべてが始まったばかりなのです。

CEO からのメッセージ

世界規模のプラットフォームを利用するすべての方々に、さらなる前進を支援するテクノロジーを提供する Uber の取り組みをご紹介します。

Uber は、すべてのサービスでゼロエミッション車両、公共交通機関、マイクロ モビリティを活用することにより、2040 年までに完全電化のゼロエミッション プラットフォームを実現することを目指しています。世界最大のモビリティ プラットフォームとして、より積極的に気候変動の課題に取り組むことが Uber の役割です。その役割を果たすため、環境に優しい乗車オプションの追加、電気自動車に乗り換えるドライバーへの支援、透明性の追求、非政府組織や民間企業との連携により、クリーンで公正なエネルギー移行を推進します。

目的地への移動手段を提供するだけでなく、Uber では自動運転技術、チャーター便、手頃な料金でのスピーディな料理の配達、医療サービスの格差縮小、新しい貨物運送のソリューション、従業員の出張をスムーズにするための企業向けサービスなど、未来を身近に感じていただけるようなサービスを開発しています。

お客さまとして乗車するときも、ドライバーとして運転するときも、皆さまの安全をお約束することは Uber の大切な務めです。Uber では、テクノロジーを核として、皆さまの安全確保に全力を挙げて取り組んでいます。安全性を向上し、誰もが簡単に利用できるサービスを実現することを目指して、安全性に取り組むパートナーと提携し、新たなテクノロジーとシステムを開発しています。

経営チームのご紹介

乗客、ドライバー、配達パートナーの皆さまや従業員とともに、正しい行動を実践する文化を培ってまいります。このような取り組みを主導しているチームの活動について、詳細をご覧ください。

多様性を活かす

誰でも参加できる職場を作り、サービスを提供する都市の多様性を職場環境に反映させることは Uber の大切な務めです。そこでは誰もが本来の自分のまま認められ、その個性が強みとして尊重されます。多種多様な経歴を持つ人々が目標に向かって前進できる環境を作り出すことで、従業員だけでなく、Uber を利用する人々にとっても、よりよい企業であり続けることを目指します。

誠実に行動する

Uber の倫理・コンプライアンスプログラム憲章では、最高水準のインテグリティを目指す社内の取り組みを概説しています。倫理的な文化の醸成において透明性は欠かせません。当社はインテグリティ ヘルプラインの設置と、測定可能かつ効果的なコンプライアンスのイニシアチブを通じてこれを達成します。

ニュースルーム

パートナーシップ、アプリの更新、イニシアチブなどに関する各地の最新情報をお届けします。

ブログ

Uber のサービスやパートナーシップなどについてご紹介します。

IR 情報

財務報告書のダウンロードのほか、来四半期の計画、企業責任に対する取り組みについての記事をご覧いただけます。

私たちと一緒に再度アイデアを練りましょう。