メイン コンテンツへスキップ

チームに最適な移動手段を提供

従業員の方々が快適に自宅や職場に移動できる通勤プログラムを作成しましょう。

Uber を利用して通勤プログラムを作成

プログラムを柔軟に管理

従業員の追加、権限の管理、ビジネスに適したお支払いオプションの設定など、すべてをダッシュボードからまとめて管理できます。

お支払いは実際のご利用分のみ

あらかじめ費用の上限を設定し、実際に利用したサービスの料金のみを支払うようにすることで、通勤プログラムがシンプルになります。

チームへの配慮を示す

Uber の乗車料金を会社が負担することで、従業員の方々がストレスを感じることなくオフィスや自宅に移動できるようになります。

ビジネスに適したポリシーを設定

公共交通機関のアクセスの問題

公共交通機関の乗り継ぎが必要な従業員の通勤をサポートしましょう。乗り継ぎのための乗車料金をカバーして従業員の負担を軽減できます。

深夜の帰宅

夜遅くまで働いて帰宅する従業員のために配車サービスを依頼できます。

特典で差を付ける

Uber の配車サービスを通勤手当の一部として提供することで、優秀な人材の獲得や引き留めに役立てることができます。

ストレスの軽減と生産性の向上

通勤が困難だと、日々のストレスをさらに増加させてしまいます。チームが都合のよいときに配車を依頼できるよう設定することも可能です。バスや電車の時間を気にせず、インスピレーションや生産性が求められる作業に集中できます。

設定がスムーズ

You choose when and where your team can request rides, and you can even set spending limits to keep things on budget. Manage which types of rides can be requested and who can request them—all from the Uber for Business dashboard.

従業員の皆様に信頼できる移動手段を提供

夜間の帰宅、早朝の移動も安心です。時間帯を問わず、従業員の方々が Uber で気軽に配車をリクエストして自宅や職場に移動することができます。

65,000 社を超える企業がチームの移動に Uber を活用