メイン コンテンツへスキップ

Uber Copter のご紹介

渋滞のない空を移動

Uber Copter¹ では、マンハッタン中心部と JFK のヘリポートで乗車または降車する Uber の配車サービスを含め、シームレスな 3 ステップの移動手段を簡単に手配できます。

フライトの所要時間はわずか 7 分で、JFK 空港からの移動、または空港までの移動に Uber を利用する場合の所要時間が最大で 30 分短縮されます。

Uber Copter のサービスを予約

ステップ 1

行き先を入力し、乗車オプションとして [ヘリコプター] を選択した後、乗車場所を確定します。

ステップ 2

座席数を選択して [次へ] をタップします。

ステップ 3

ご希望のルートを選択して [次へ] をタップします。次に、[同意してリクエスト] をタップして予約を完了します。

Uber Copter を利用できる場所と時間

Uber Copter は、マンハッタン地区と JFK 国際空港間を移動する場合、月曜日から金曜日の午後 1 時~午後 6 時 (米国東部時間) のご予約が可能です。ヘリポートへの移動時やフライト後の Uber の配車サービスを含め、多様な移動手段を簡単な操作でシームレスに利用できます。

110 番ストリート以南のマンハッタン地区内は、どこでも乗車または降車が可能です。ブルックリン地区には、その他にもフライト前後の配車サービスで乗車場所または降車場所に指定できるエリアがあります。 アプリで最新のサービス提供状況をご確認ください。

マンハッタンと JFK の指定エリア内で移動を開始または終了する場合、Uber アプリのオプションとして [Uber Copter] が表示されます。乗車場所と降車場所を指定する際、1 箇所をマンハッタン地区内、もう 1 箇所を JFK 空港に設定すると、Uber Copter を利用できる時間帯や料金を確認できます。iOS 搭載機器でのみご利用いただけます。

Uber Copter のメリット

時間の短縮

Uber Copter のフライトで、空港利用に伴う移動のストレスを軽減しましょう。フライトの所要時間はわずか 7 分で、JFK 空港からの移動、または空港までの移動に Uber を利用する場合の所要時間が最大で 30 分短縮されます。²

安全でシームレス

安全性を重視し、すべてのフライトは FAA/DOT の認可を受けた一次航空運送事業者であるパートナー企業の HeliFlite により運航されます。HeliFlite は ARGUS Platinum および Wyvern Wingman による認証を取得しています。これらの認証は、いずれも事業者の安全プログラムの監査後に授与されます。HeliFlite は複式操縦装置を備えた双発航空機を運航しており、パイロット全員が計器飛行証明を取得しています。

信頼できる移動手段

Uber で配車をリクエストするときと同じように、シームレスな 3 ステップの移動手段を簡単に手配できます。ご希望の到着予定時間をご指定いただくと、Uber が適切なプランをご提案します。

フライト前の確認事項

手荷物と身の回り品は各 1 点まで

手荷物のサイズは、縦、横、高さの合計が 62 インチ (157 センチ) を超えず、重量が 50 ポンド (22 キログラム) 以下のものに制限されます。身の回り品はハンドバッグ、ブリーフケース、PC バッグ (または類似のもの) など、膝の上や足元に収まるサイズのものに限定されます。追加の手荷物、または上記の要件を満たしていない手荷物は、機体の重量や重心バランスにより、ヘリコプターへの持ち込みが認められない場合や、フライト スケジュールの変更につながる可能性があります。

身分証明書を忘れずに

Uber Copter のフライトでは、ご搭乗に際して Uber アカウントの登録名と一致する氏名が記載された政府発行の身分証明書の提示が必要になります。サービスを安全にご利用いただくため、チェックイン時にご搭乗のお客様全員の身分証明書 (政府機関発行のもの) の確認を実施しています。有効な身分証明書の種類については、よくある質問のセクションをご確認ください。

重量と重心のバランス

安全に関する規制を遵守し、航空機の性能特性の範囲内で運航可能であることを確認するため、フライトの前にはご搭乗のお客様の体重と手荷物の重量を測定します。

禁制品

次の物品は機内への持ち込みが禁止されています。エアゾール缶、腐食性物質、電子タバコ、爆発物、可燃物、リチウム電池、酸化剤、放射性物質、毒物、武器。禁制品の一覧とペットに関するポリシーについては、利用規約の全文をご確認ください。

よくあるご質問

Uber Copter から Uber Air へ

Uber のプラットフォームが持つ強み

Uber Copter は、プラットフォームの強みを活かした Uber 初の複合型輸送サービスです。フライトの予約は、Uber アプリを使用してヘリポートや目的地に向かう際の地上での移動を含めて、配車リクエストと同じように簡単です。

Uber Copter は、都市部における空の交通を変革し、未来の都市航空交通サービスである「Uber Air」を構築するための第一歩です。

iOS 搭載機器でのみご利用いただけます。

¹ Uber は、14 CFR Part 295 が定める航空機チャーター仲介事業者として間接的に航空運送事業に従事します。Uber は一次航空運送事業者ではないため、フライトの運航は行っていません。すべてのフライトは、HeliFlite Shares LLC または FAA/DOT の認可を受けたその他の一次航空運送事業者により運航されます。利用規約の全文をご確認ください。

² 推定平均飛行時間は、2019 年における実際のフライトのデータに基づいています。実際の移動距離と時間短縮量は異なる場合があります。時間短縮量の推算値は、2019 年 10 月 28 日から 2019 年 11 月 20 日までのデータ、また、Uber Copter による移動の平均所要時間と、Uber Copter の予約が可能な地域内で同時にリクエストされた JFK で乗車または降車する Uber の配車サービス (UberPool を除く) が完了するまでの平均所要時間との比較に基づいて算出されます。