Uber Eats で注文を開始

今すぐご注文
運転する

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 感染時のサポート

2020 年 4 月 6 日 / 日本

2020年4月17日に新型コロナウイルス感染症に関する経済的支援制度についてのお知らせをUberブログに掲載しました。詳細はこちらよりご確認ください。


新型コロナウイルス感染症に関する不安が世界的に広がっています。特に Uber プラットフォームを使って生計を立てていらっしゃる皆様においてはさぞご心配のことと存じます。そのような懸念を受け、Uber では、ドライバー・配達パートナーの方で新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) に感染していると診断された方、または公衆衛生当局による検疫・隔離措置を受けている方向けに、経済的支援制度を実施しています。現在、全世界で経済的支援を受けられるようになっております。 大変厳しい状況ではありますが、Uber ではできるだけのご支援をさせていただきたいと願っております。

– アンドリュー・マクドナルド、シニア バイス プレジデント、ライド & プラットフォーム


よくある質問

Q: 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響を受けている Uber ドライバー・配達パートナー向け経済的支援制度の詳細を教えてください。

A: 現在 Uber アプリを使用して運転または配達を行っている方で、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) に感染していると診断された方、または公衆衛生当局による検疫・隔離を受けている方は最大 14 日間の経済的支援を受けられます。 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) をめぐる状況は刻々と変化しており、今後数週間から数ヶ月間はそのような事態が続くと予測しています。この事態への現実的な対応策として、Uber では経済的支援制度を 2020 年 4 月 6 日まで実施します。その後は状況により支援の続行の有無を検討する予定です。

Q: 経済的支援制度の対象となるドライバー・配達パートナーの条件を教えてください。

A: 最も必要性が高い方に確実にサポートを行えるよう、以下の条件に当てはまる方に経済的支援を行います。 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) に感染していると診断された方。 公衆衛生当局による検疫・隔離を受けている方。 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) に感染している可能性があるため、公衆衛生当局による検疫・隔離を受けている方 新型コロナウイルス (COVID-19) に感染していると診断された、または感染していると診断された人に接触していたとする公衆衛生当局からの情報により、Uber がアカウントを停止している方。 以上のいずれかの条件に加えて、Uber の世界的経済的支援が発表された 2020 年 3 月 6 日より前の 30 日間で最低でも 1 回、Uber プラットフォームを使って運転または配達を行っている方。

直近 6 ヶ月間の日別売り上げ平均*最高 14 日間の経済的支援支給額合計
1日あたり 28.57 ドル400ドル
1日あたり 64.28 ドル900ドル
1日あたり 121.42 ドル1700ドル

* 初回乗車、及び配達が 30 日以内の場合、期間は短くなります。

米国内の対象ドライバーパートナーの場合、運転・配達した回数が 1 回のみであっても、最低 50 ドルお支払いします。国により最低支給額は異なります。 上記の例のように、Uber プラットフォームは自由度が高いため、運転・配達するパートナーの方により日別売り上げ金額は大きく異なります。Uber のプラットフォームを時々アルバイト感覚で使っていただいている皆様にも、Uber をメインに生計を立てていらっしゃる皆様にも公平にご支援させていただくための制度です。ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。

Q: 条件に該当するドライバー・配達パートナーはどのように経済的支援の申し込みをしたらいいですか?

A: こちらからお申し込みください。お申し込みを受け取り後、できる限り迅速に審査とお手続きをいたします。

Q: 条件に合っているか確認するための書類は何が必要ですか?

A: 条件確認のため、以下のいずれかの書類をご提出ください。 医療機関または公衆衛生当局発行の新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 感染の診断書 新型コロナウイルス感染症を伝染させる可能性があることを理由とする、医療機関または公衆衛生当局発行の自主隔離措置命令書。書類には、自主隔離措置の理由として新型コロナウイルス感染症を伝染させる可能性があることを明記されている必要があります。

公衆衛生当局から、ドライバー・配達パートナーが新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) 感染と診断されたか、またはウイルス感染の可能性があると判断されたと Uber に直接連絡があった場合、自動的に Uber 経済的支援制度の対象となりますので、別途書類を提出の必要はありません。

Q: 経済的支援制度の対象となったドライバー・配達パートナーは、いつ支給金を受け取ることができますか?

A: 条件の確認後、通常 2〜5営業日以内に経済的支援支給金をお受け取りいただけます。対象となった皆様にできるだけ早くお受け取りいただけるよう、ご提出いただいた書類は可能な限り迅速に審査・お手続きをいたします。

Q: 対象のドライバー・配達パートナーが経済的支援制度に申請できる期間を教えてください。

A: 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) に感染しているという診断、または検疫・隔離が実行されてから 30 日以内に経済的支援制度の申請を行ってください。この制度は 2020 年 4 月 6 日まで有効です。それ以降の継続の有無は状況により判断されます。

Q: 経済的支援制度は各国で実施方法が異なりますか?


A: 必要に応じて各国の公衆衛生当局の担当官と連絡を取り、申請者が Uber 経済的支援制度の対象となるか確認を行います。

現在欧州に居住・滞在中で感染が確認された方の場合、AXA の「パートナー プロテクション」の対象となる場合があります。その場合、Uber の経済支援制度支給額から「パートナー・プロテクション」支給額が差し引かれます。 「パートナー プロテクション」について詳しくはこちらをご覧ください。

Q: 経済的支援制度の対象となった場合、ドライバー・配達パートナーの Uber アカウントはどうなりますか?

A: 経済的支援制度の対象となったパートナーは、支援金支給期間のあいだ、一時的にアカウントにアクセスできなくなります。新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) に感染していると診断されたか、検疫・隔離を受けているためにアカウントにアクセスできなくなった場合、感染の恐れがあるため、その時点で受けている乗車・配達を完了することはできません。

Q: 自治体により Uber のサービスが停止された場合、ドライバー・配達パートナーはどのような扱いになりますか?

A: 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) を原因として国または自治体により Uber のサービスが停止された場合、Uber はその地域の政府機関と調整の上、ドライバー・配達パートナーの皆様への対策を検討いたします。国や自治体レベルで Uber のサービス停止が発生した場合は、本経済的支援制度の適用外となります。

以上が、ドライバー・配達パートナーの皆様が新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) に感染していると診断された、または感染の疑いがあり検疫・隔離措置を受けている場合の経済的支援制度についてのご説明です。医療機関または公衆衛生当局からの診断書などの提出書類や経済的支援支給金に対する税金などは現地の法令や商習慣などに準ずるものとします。このページでは個々の国による違いや詳細は説明しておりません。また各国の法令などに準拠する必要があるため、本経済的支援制度の対象およびは国により変更となる場合があります。状況が急激に変化しているため、本制度の対象や支給額などの内容は変更になる可能性があります。

Uber にとって、ご利用の地域の皆様の安全と健康は最重要事項です。新型コロナウイルス感染症関連のUber の対応に関する資料や最新情報はウェブサイトでご確認ください。