新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染者対応に当たっている医療従事者、感染拡大の大きな影響を受けている難病児の家族と貧困家庭の児童を支援するため、Uber は、Uber Eats による食事計4万食の無料提供を以下の通り行うことといたしました。この取り組みは、Uber が世界中で進めている乗車・食事の無償提供に係る取り組み「Move What Matters」の一環として行うものです。

医療従事者への支援

現在 Uber Eats がサービスを提供している16都府県で、サービス提供エリア内にある新型コロナウイルス感染症の対応にあたっている医療機関のうち、ご希望いただいた医療機関に対し、Uber Eats での計 3 万食分の食事を無償提供いたします。

また、本取り組みにおける食事の配達が安全かつスムーズに行えるよう、株式会社ナスタより、置き配サービスに対応した保温機能付き折りたたみ式宅配ボックス計 1,000 台をご希望いただいた医療機関を通して医療従事者の方々に無償提供いたします。

医療関係者の皆様からのお問い合わせは、MWM-japan-group@uber.com までお願いいたします。

難病児の家族への支援

COVID-19 の感染拡大によって、難病児がいる家庭も大きな影響を受けています。感染によって既往症が著しく悪化する可能性があるため、家族は食用品の買い物も非常に気をつける必要があり、頻度も減らしています。Uber は、日本財団が支援している難病児とその家族向けの支援施設(全国 6 箇所)に、Uber Eats による計 5,000 食分の食事を無償提供いたします。

貧困家庭の児童への支援

COVID-19 の感染拡大による学校の休校によって、児童が給食を食べる機会はなくなりました。この影響により、貧困家庭の児童の中には食事をとる機会が大きく減っている児童もいます。このためUberは、日本財団による生活困窮世帯等の児童の支援施設「第三の居場所」に通う児童とその家族向けに、Uber Eats での計 5,000 食分の食事を無償提供いたします。

これらの取り組みを通して、日々厳しさを増す医療現場で力を尽くしている医療従事者、食料品の買い物に出かけることも難しい難病児の家庭、食事の機会が減ってしまった児童と家族が、少しでも食事を楽しめる時間を提供できればと考えています。

COVID-19 の感染拡大を受け、Uber では、配達パートナーやドライバーへの経済的支援制度の実施、中小規模のレストランへの支援、自治体との提携によるレストラン支援及び Stay Home の推進、レストランに支援金を贈ることができる機能の追加などに取り組んできました。この未曾有の危機の中、私たちは引き続きコミュニティの支援に取り組んでまいります。