メイン コンテンツへスキップ
Uber
Uber

東京、ロサンゼルス、カイロ、世界各地で活躍する Uber のチームのご紹介

Ed (アメリカ合衆国、ニューヨーク シティ)

「目的地へお連れする以外にできることがあるとしたら、素晴らしい景色を楽しんでもらうことですね」

Rani (インド、ブバネスワル)

「ドライバーとして、トランスジェンダーの生き方を示すことが私の役割です」

Onur (イギリス、ロンドン)

「人とつながるために、このメッセージを作成しました」

Badriyah (サウジアラビア、リヤド)

「娘たちを車に乗せると、私の運転を見て自分たちにも教えてほしいと言うんです」

Tiffany (アメリカ合衆国、ミズーリ州スプリングフィールド)

「誰かに無理だと言われても必ずやり遂げてみせます」

Eid (エジプト、カイロ)

「エジプトでは渋滞が当たり前。歩行者は信号を無視するし、クラクションは鳴りっぱなし。バスに乗り込むと安全な避難場所にいるような気分です」

Sunny (アメリカ合衆国、ニューヨーク シティ)

「ニューヨークでの暮らしに配達サービスは欠かせません」

Kazusa (日本、東京)

「食べ物は心身をいやす最高の薬です」

Glaucia (ブラジル、サンパウロ)

「私にとって、運転は自由と独立をもたらすものです」

Ken (アメリカ合衆国、サンフランシスコ)

「この車に乗ると楽しそうにしています」

Alex (オーストラリア、シドニー)

「ドライバーそして役者として、人を理解したいと思っています」

Jerry (アメリカ合衆国、ロサンゼルス)

「これが日常ですし、とても満足しています」