Please enable Javascript
メイン コンテンツへスキップ

組織のテクノロジーを Uber API と統合

Uber の API により、機関やサードパーティのプロバイダーでは、独自の補助的交通機関、マイクロトランジット、または MaaS プラットフォーム内で大規模に Uber に配車を切り替える道筋が整います。

Uber API でサービスを合理化

運用コストの削減から追跡の容易化まで、Uber API には多くの利点があります。

アプリで Uber の配車を依頼

乗客と配車担当者がモバイルアプリまたはソフトウェアで Uber の配車を依頼できるようにします。

ルールを設定

Uber アプリに切り替わる配車には、機関および利用資格のルールを適用します。

自動化して節約

自動化により内部の業務を簡素化および合理化することで、運用コストを削減します。

追跡とレポート

別々のシステム間でデータを調整する必要がなくなり、追跡とレポート作成が簡単になります。

「API の統合により、特注のソフトウェアスケジューリングパッケージ内で配車をスムーズに Uber に切り替えて、Valley Metro の Ride Choice プログラムを大規模に管理できます」

ロブ・ターナー、MJM Innovations、執行副社長兼最高経営責任者

Uber と提携して目標を達成しましょう

移動手段の選択肢を広げたい場合でも、費用対効果を高めたい場合でも、Uber の API が役に立ちます。

  • 乗客の利便性を向上

    Uber のプラットフォームを活用して乗客の待ち時間を減らし、必要に応じて補助的な配車を行います。

  • マイクロトランジットと補助的交通機関のコストを削減

    非効率な配車を Uber に任せることで、業務効率を改善し、専用車両の使用を最適化します。

  • 収容能力を最適化

    ピーク時の配車サービスの一部を Uber に仲介することで、時間通りの運行ができるようにして、乗車拒否をなくします。

  • サービスのレジリエンスを向上させる

    Uber のオンデマンド配車によって、サービスの中断が抑えられ、急な乗車によって混乱が生じるのを避けられます。

  • レポートを統合

    National Transit Database(NTD)のレポートと、Uber の配車サービスを含むプログラムレポートをすべて 1 つのプラットフォームで作成できます。

1/5

コミュニティ内の移動手段の管理をサポートします

移動に関する課題と目標についてお知らせください。