Please enable Javascript
メイン コンテンツへスキップ

すべての人に機会を

Uber は、仕事や移動手段を必要としている方々に、新たな選択肢を提案します。失業者、不安定な職業に就いている人、高齢者、障害者、自由な働き方を求める人など、どんな立場であっても、誰もが思い通りの生活を実現するための支援に取り組みます。

さらなる経済権限と就業機会の提供

Uber は運転して収入を得ることを容易にします。1 日の予定管理や、高需要エリアまでのルート案内が可能な Uber アプリのテクノロジーにより、独立した自由な働き方を実現できます。

Uber のドライバー パートナーは、自分のスケジュールに合わせて働く時間を自由に選択できます。副収入を得たい場合でも、収入が必要な場合でも、自分の生活に合わせて働くことができます。

2016 年の上半期において、パリ地域の新たな収入機会の 25% が、Uber などの輸送プラットフォームを通してもたらされました。

Uber Under the Hood (Medium 掲載)、2016 年 12 月 28 日

Uber では、自分のスケジュールに合わせて自由に収入を得られます。米国の約 3 分の 2 のドライバーがアプリを利用して働く時間は、週に 10 時間以下です。

Uber Under the Hood (Medium 掲載)、2016 年 11 月 21 日

The app lets people request rides and pay for them on behalf of others. So no matter where your loved ones need to be (and where you’re located), a reliable ride is just a few taps away.

Senior centers across the US can provide better transportation service to their residents through our specialized app, Uber Central.

アクセシビリティの重要性

Uber アプリでは、乗車状況の確認、テキストによるアラートの送信、個人のニーズに合わせた特別装備の車両とドライバーのリクエストなどのアクセシビリティ機能を提供しています。

Uber は乗客とドライバーの両方にとって最適な車両オプションを提供するため、米国内の都市で uberWAV のテストを実施しています。