メイン コンテンツへスキップ

多様性の尊重を推進

Uber では、平等権推進のための企業方針や取り組みを日々支援しております。

LGBTQ+ インクルージョンの提唱

Uber の平等権を守るための取り組み

Uber は、地域への働きかけ、研修、採用と定着率の向上を通して、誰もが本来の自分でいられる職場づくりに取り組んでいます。

Pride の推進

Uber は、LGBTQ+ コミュニティのインフルエンサーと連携して、世界中で開催される Pride イベントに協賛してまいりました。

ともに支え合う

例年、Uber は「性の多様性に関する平等性において最高の職場」の 1 つに選ばれています。

LGBTQ+ の従業員向けのリソースを提供

Pride at Uber の社員グループは、LGBTQ+ の個人が受け入れられ、支持されていると感じ、ありのままの自分でいられる職場とコミュニティをつくるために尽力しています。

移民と人種の公平な受け入れ

すべての人に開かれた Uber

Uber が乗客やドライバーにとって快適なプラットフォームになり、70 を超える国々を代表する従業員にとって働きやすい職場になるよう、プロセス、リソース、テクノロジーを活用しています。

移民に対する支援

Uber では、2017 年初頭に施行された入国禁止命令に際して、その影響を受けるドライバーと家族を支援しました。この取り組みによって多くの家族が再会を果たし、何百人もの人が無償の法的支援を受けました。

DREAMers (不法移民の両親のもとに生まれた子供たち) の擁護

Uber は、インクルージョンと平等の価値を損なう行為に対して、今後も明確に意見を表明し、行動を起こします。DACA の撤回を受け、Uber は DREAMers (不法移民の両親のもとに生まれた子供たち) に無償の法的支援を提供しました。また、Coalition for the American Dream に参加して超党派の立法的解決を議会に要請しました。

人権を守る正しい活動により、これからの改革の原動力となる多様な人材が Uber の最大の資産になります。

Bo Young Lee、Uber チーフ ダイバーシティ インクルージョン オフィサー

多様性の受容を推進する職場づくり

職場のエンパワーメント

Uber で働く人々は、多様な経歴を持っています。従業員主導の従業員リソース グループ (ERG) は、コミュニティへの提案、帰属意識の定着、使命と価値観の育成を促し、地域に根差した視点を維持しながら、グローバル インクルージョンの推進に取り組んでいます。

性差をなくす

Uber は、工学分野で成功を目指す少女や若い女性を支援するため、国際的な組織と提携しています。

Uber アプリを使用する女性ドライバー 100 万人登録の目標を達成

運転はこれまで男性中心の産業でした。Uber は 2020 年までに女性ドライバー 100 万人の登録を目標として掲げ、2017 年 7 月には、その数字を上回る成果がもたらされました。