Pierre-Dimitri Gore-Coty は北米以外の Uber の配車サービス事業担当バイス プレジデントで、60 ヵ国以上における Uber の事業を監督しています。この役職に就く前は、ヨーロッパ、中東、アフリカの Uber の配車サービス事業担当バイス プレジデントを務めていました。

ゴールドマン サックスで数年間キャリアを積み、26 歳でヘッジ ファンドを始めた Pierre は、何かを築き上げたいという強い情熱がきっかけとなり、2012 年、Uber が初めて海外展開を開始したフランスのゼネラル マネージャーに就任しました。チームの草創期からのメンバーであり、よりよい交通手段を提供することに熱意を持っていたことから、より広範囲にわたる事業拡大の足掛かりとして、ヨーロッパ全域で Uber のサービスを展開しました。

事業のリーダーとして多様性の受容を推奨し、Uber 内外で女性の社会的地位の向上を支援する活動を推進してきました。Women of Uber の社員グループのエグゼクティブ スポンサーであり、Uber における女性の人材の獲得と維持を目的とした新しいアプローチを提唱しています。

フランス人で、妻子とともにアムステルダムに住んでいます。

役員の略歴をもっと読む