メインコンテンツへスキップする
Uber

位置情報をお知らせください

あなたのエリアの正しい情報を表示するため、最寄りの都市名を入力してください

コミュニティへのお約束

すべての人を目的地へ

Uber は、誰もが目標を持って前進できるよう全力で支援します。具体的には、都市について見直し、安全なコミュニティの実現に共同で取り組み、包括性と多様性を擁護し、これまでにない形ですべての人々に機会を提供しています。

都市に貢献する

Uber は地方自治体とリソースを共有して、安全かつ効率的で美しい街づくりを目指し、その実現のために力を注いでいます。

Uber Movement が提供する新しい都市計画支援ツール

Uber は、市の関係者と共同で Movement と呼ばれるプロジェクトに取り組み、Uber の 20 億回を超える乗車サービスのデータを活用したマッピング ツールを提供して、未来の都市計画を支援しています。

「この新しいプラットフォームで早い段階から Uber のパートナーになれたことを喜ばしく思います。できるだけ多くのデータを用いて、地域の訪問者と住民のために、交通渋滞の緩和、インフラの改善、交通の安全性の確保に取り組んでいきます」

ワシントン D.C. 市長、Muriel Bowser 氏

より安全なコミュニティ

人々が自信を持って移動することができるようにすることに加えて、地域の指導者とともに改革を提唱し、よりよい安全な方法を編み出すことは Uber の使命です。

飲酒運転は、死亡事故の 3 大要因の 1 つとされています。

世界保健機関による、世界の交通事故防止に関する報告

Uber と飲酒運転防止母の会

Uber と飲酒運転防止母の会は、運転を自重して安全のために乗車サービスを利用するように呼びかけることで事故を防ぐ「#DesignatedRider」(命を救う乗車サービス) の取り組みを共同で進めています。

多様性の受容

人々が自信を持って移動することができるようにするということは、雇用機会均等を推進し、Uber のサービスを利用するすべての人にとって包括的で尊重し合える環境を整えることを意味しています。

お客様と Uber の多様性

Uber は世界 65 ヵ国で事業を展開しているグローバル企業です。従業員も多様な経歴と体験を有しています。

誰もが本来の自分でいることができ、互いに信頼し合い、最良のアイデアが選ばれる環境で働くには、多様性の受容と承認によってのみ得られる新しい視点が必要です。

Uber グローバル マーケティング アラインメント部門長、Amandine Aman

すべての人に機会を

毎日、世界で何千何万人もの人々が Uber アプリを使って、自分の生活に合った働き方をしています。Uber のようなアプリを利用する自立した働き方は、多種多様な経歴と目標を持つ人々に経済的なチャンスをもたらす強力な手段となりえます。

「Uber は、目の不自由な人の移動手段として、この十年で唯一にして最良の進歩です」

Lighthouse for the Blind 代表、Mike May 氏

Uber のアクセシビリティ

Uber では、地域の皆様の自由な移動をサポートするソリューションへの投資を行っています。ご高齢の方や体の不自由な方にとっても、Uber がさらに使いやすくなりました。