製品

垂直離着陸機(VTOL)ネットワークの構築に向けて

2017 年 4 月 26 日 / 日本

Uber は、Uber Elevate Summit (2017 年 4 月 25 日から 27 日に米国テキサス・ダラスで開催)において、昨今急成長する都市の航空エコシステムを取り巻く主要企業および関連団体と、一連の提携を結んだことを発表しました。これにより、将来的には顧客がボタンひとつで都市内およびその周辺地域を高速で飛行移動ができる、新しいオンデマンド VTOL (Vertical Take-Off and Landing:垂直離着陸機)ネットワークの構築を目指します。この Elevate 構想における Uber の新たなパートナーとして、不動産企業をはじめ、航空機メーカー、電気自動車の充電器メーカー、自治体などが参加します。

Uber Elevate プロジェクトの最初のパートナー都市は、米国テキサス州のダラスおよびフォートワースと アラブ首長国連邦のドバイです。ダラス市長のマイク・ローリングズ氏とフォートワース市長のベッツィー・プライス氏は、ダラスおよびフォートワースを米国の大都市圏において初となる対応パイロットを発掘する支援を表明しました。また、Uber は、アラブ首長国連邦においては、価格設定と交通ネットワークの最適化をよりよく理解するため、地域の需要モデル構築の研究資金を提供する Dubai Road and Transport Authority (ドバイの道路交通局) と提携しました。

Uber の両都市とのパートナーシップにより、2020 年までに Uber Elevate Network として初のデモンストレーションを実施することを目指します。ドバイは、2020 年に世界博覧会を主催する都市であり、その世界的な博覧会で披露できるよう進めて参ります。

両都市において、Uber はインフラ構築のため、地元の不動産企業とのパートナーシップを締結しました。ダラスおよびフォートワースにおいては Hillwood Properties と、ドバイにおいては Dubai Holdingと提携しています。 Uber Elevate Network を展開する上で、将来的に使用可能な土地の開拓とVTOL に対応可能な飛行場の建設に取り組みます。

さらに、Uber は Uber Elevate の理念に基づき、電動 VTOL を開発する経験豊かな航空機メーカーと提携しました。各社の航空機の設計と製造における幅広い実績やユニークな専門知識を活かすことにより、最短で電動 VTOL を市場に投入することを目指します。

これらのパートナーは、以下の通りです。

また、Uber は Uber Elevate Network 専用の VTOL 充電システムを開発するため、ChargePoint と提携します。


Uber のチーフプロダクトオフィサーである Jeff Holden は、次のように述べています。
「『ボタンを押すだけで乗車することができたら便利じゃないか?』という単純な疑問から始まった Uber は、今では都市空間で最適なモビリティを提供することを探求しています。それは、渋滞や過多な交通による公害の軽減であり、人々の時間の効率化や駐車用スペースの解放、そして都市のあらゆる場所で交通手段へのアクセスを提供することです。これらを追求する Uber にとって、ボタンを押してすぐに飛行での移動を手配できる都市空間での航空交通の実現は、次なるステップとして自然なものとして捉えています。この度、このアイデアを現実のものとするために緊密に協力しあえる、先見的な業界団体と自治体の方々を、最初の Uber Elevate パートナーとして発表できることを嬉しく思います。ダラスとドバイという素晴らしい都市が、今日からオンデマンドの VTOL 飛行によりどのような未来を創造していくのかとても楽しみです。」

ダラス市長のローリングズ氏は、次のように述べています。
「Uber と提携し、この度 Elevate Summit を開催できることを大変嬉しく思います。世界中のあらゆる業界のリーダーをお迎えするこの当サミットは、ダラスが未来の都市交通を築いていくために貢献できることをお見せできる、素晴らしい機会だと考えています。ダラス市民をはじめ全米の人々に、ダラス市が持つ多くの新しい可能性をお見せし、知っていただきたいと思います。」

フォートワース市長のプリンス氏は、次のように述べています。
「市民や旅行者にとって、より良いサービスを実現するため、画期的な技術を提供している Uber の取り組みにおいて、パートナー都市となれることを嬉しく思っています。イノベーションと未来ある事業の繁栄を奨励する北テキサス地域として、このパートナーシップが Elevate プロジェクトの発展にとって有益な選択であることを確信しています。」